ホーム > 東日本大震災関連 > 新潟県弁護士会の会津支援活動報告書 > 06 第4 新潟県内における被災者支援(1)

第4 新潟県内における被災者支援(1)

1 ニーズが無い!

当会会員が動き出した当初、避難所を管理する自治体担当者と接触しても、「まだ法律相談はありませんよ」といった反応が多く、また、あまりに急場において弁護士は役に立たないのではないかという意識もありました。

実際、相談会を開いても数件しかないなど、ニーズはないのではないか、沈静化しているのではないかとの意見も出ました。

2 新潟県だけニーズが無いわけない

しかし、「東日本大震災ML」等で見る各地の弁護士の奮闘ぶりからすると、新潟県への避難者だけニーズがないのもおかしいと感じていました。

そこで、現場をよく見てみると

① 相談会のポスターが掲示板の中に埋もれている

② 相談会が避難者のいない時間帯に設定されている

③「法律相談」といってもピンとこない人が多数いる(「弁護士さんに相談することなんてないですよ」という反応)

等々、いろいろと感ずることがありました。